2010年03月12日 09時00分 公開
ニュース

大塚商会と日立ビジネス、USB認証キーを利用したvPro対応在宅勤務支援サービスNEWS

専用のUSB認証キーをPCに接続するだけでセキュリティ保護下の社内PCにアクセス可能。日立ビジネスのASPサービスを通じて提供される。

[TechTargetジャパン]

 大塚商会と日立ビジネスソリューションは3月11日、USB認証キーを利用した在宅勤務支援サービスを共同提供すると発表した。同サービス開始に必要な「オフィストンネリングキット」を、3月15日より大塚商会が販売開始する。

 同サービスは、既存のネットワーク構成を変更せずに導入できる日立ビジネスのASP/Webサービス「DoMobileASP」を活用。ユーザーはインターネットに接続されたPCに専用USB認証キーを接続するだけで、セキュリティ保護下のDoMobileASPを通じて社内の自席PCにアクセスできる。

画像 在宅勤務支援サービスの概要

 キットには専用USB認証キーのほか、インテルが企業向けPCに搭載した省電力リモート監視技術「vPro」の起動用サーバ(NEC NS28P)、vPro搭載推奨PC、PCの遠隔起動に必要な設定作業などが含まれている。

 料金(税込み)は、社外から接続するPC1台当たりのリモートアクセス料が年額1万8000円。DoMobileASPサービス登録費用1万円、USB認証キー1万5000円/ユーザー、自席PC設定作業費用(10台まで)15万0000円、vPro起動用サーバ19万8000円/台などを含む初期費用と合わせて74万円から導入できる。

関連ホワイトペーパー

認証 | サーバ | ASP | Intel(インテル)


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...