2010年06月03日 09時00分 公開
ニュース

日本IBM、ラックマウント型x86サーバ新製品「IBM System x 3620 M3」を発表news

日本IBMは内蔵ストレージの最大容量が16Tバイトのラックマウント型x86サーバ新製品を発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム(以下IBM)は6月2日、ラックマウント型x86サーバ新製品「IBM System x 3620 M3」(以下、3620 M3)を発表した。3620 M3は内蔵ストレージの最大容量が従来製品(IBM System x3650 M3)と比較して約1.7倍の16Tバイトになり、最大容量搭載時の価格が従来比約65%で、価格ストレージ容量比が約2.5倍となった。

IBM System x 3620 M3

 10T〜16Tバイトのストレージが必要な際、最大搭載ストレージ容量が9.6Tバイトの従来モデルでは、サーバ本体にストレージ拡張ユニットを取り付ける必要があった。3620 M3ではすべて内蔵できるため、省スペース化を実現し、導入コストの削減も可能となる。

 IBMでは、3620 M3は、オンラインゲームや携帯コンテンツの配信、ソーシャルネットワーク用など、ストレージ容量を多く必要とする企業の部門が持つファイルサーバやバックアップ用サーバなどに用途が広がるとみている。

 3620 M3の価格は最小構成価格で36万円(税別、HDD未搭載)。出荷は6月16日から。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | IBM(アイ・ビー・エム) | サーバ | x86


ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...