2010年11月01日 22時20分 公開
ニュース

IFRS対応のためのIT予算――平均は1億1450万円NEWS

矢野経済研究所がIFRSを適用する企業を対象にIT投資についての調査を行った。IFRS適用のためのIT予算額の平均は1億1450億円。ただ、「IT投資に対して慎重な姿勢を見せる企業が目立つ」という。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 矢野経済研究所が11月1日に発表した調査結果によると、IFRSを適用する企業のIT予算額の平均は1億1450万円となった。企業が考えるIFRS適用の最大の課題はコスト負担といい、「IT投資に対しては慎重な姿勢が目立つ」と同研究所は解説している。

 調査は国内上場企業261社とITベンダー9社に実施した。ここでいうIFRS関連IT市場とは、ERPパッケージや会計システムのほか、コンサルティングやシステムインテグレーションなどのサービス、システム導入のためのハードウェアなどが含まれる。

 調査によると、ユーザー企業は2011年ごろにシステム導入の検討を開始し、2013年ごろにはシステム導入を終えるケースが多いようだ(2015年3月期に強制適用の場合)。2011年はIFRS適用が業務やITシステムにどのような影響を与えるのかを本格的に検討する年で、ITシステムの導入は2012〜2013年にピークとなる。

 市場規模では2012年に1907億円、2013年に2198億円で、2010〜2016年までの7年間の累計の市場規模は8293億円。その投資分野は会計システム、連結決算システム、販売管理システム、在庫管理システムなどを挙げている。

画像 国内IFRS関連IT市場の規模予測(矢野経済研究所の発表資料から)

 IFRS適用のための調査企業の平均IT予算額は上記のように1億1450万円。調査結果の最少額は100万円未満、最高額は25億円だった。連結決算システムのみをIFRS適用させるか、単体会計システムも改修するかなどによってIT投資額は大きくばらつきがある。

 IFRS適用のためのITシステム対応で最大の課題は「コスト負担が大きい」で62.1%が答えた。次いで「自社内の人材が不足している」(55.9%)、「IFRSに関する理解が不足している」(46.4%)などが挙げられた。

関連ホワイトペーパー

ERP | IT投資 | 在庫管理 | ベンダー


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...