IFRS対応のためのIT予算――平均は1億1450万円NEWS

矢野経済研究所がIFRSを適用する企業を対象にIT投資についての調査を行った。IFRS適用のためのIT予算額の平均は1億1450億円。ただ、「IT投資に対して慎重な姿勢を見せる企業が目立つ」という。

2010年11月01日 22時20分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 矢野経済研究所が11月1日に発表した調査結果によると、IFRSを適用する企業のIT予算額の平均は1億1450万円となった。企業が考えるIFRS適用の最大の課題はコスト負担といい、「IT投資に対しては慎重な姿勢が目立つ」と同研究所は解説している。

 調査は国内上場企業261社とITベンダー9社に実施した。ここでいうIFRS関連IT市場とは、ERPパッケージや会計システムのほか、コンサルティングやシステムインテグレーションなどのサービス、システム導入のためのハードウェアなどが含まれる。

 調査によると、ユーザー企業は2011年ごろにシステム導入の検討を開始し、2013年ごろにはシステム導入を終えるケースが多いようだ(2015年3月期に強制適用の場合)。2011年はIFRS適用が業務やITシステムにどのような影響を与えるのかを本格的に検討する年で、ITシステムの導入は2012〜2013年にピークとなる。

 市場規模では2012年に1907億円、2013年に2198億円で、2010〜2016年までの7年間の累計の市場規模は8293億円。その投資分野は会計システム、連結決算システム、販売管理システム、在庫管理システムなどを挙げている。

画像 国内IFRS関連IT市場の規模予測(矢野経済研究所の発表資料から)

 IFRS適用のための調査企業の平均IT予算額は上記のように1億1450万円。調査結果の最少額は100万円未満、最高額は25億円だった。連結決算システムのみをIFRS適用させるか、単体会計システムも改修するかなどによってIT投資額は大きくばらつきがある。

 IFRS適用のためのITシステム対応で最大の課題は「コスト負担が大きい」で62.1%が答えた。次いで「自社内の人材が不足している」(55.9%)、「IFRSに関する理解が不足している」(46.4%)などが挙げられた。

関連ホワイトペーパー

ERP | IT投資 | 在庫管理 | ベンダー


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。