2011年07月14日 09時00分 公開
特集/連載

ここまで分かった! XenServer 6.0の新機能3つのテーマで開発

米Citrix Systemsは2011年7月5日、「XenServer 5.6」の次期バージョン「XenServer 6.0」のβ版を発表した。「クラウド」「デスクトップ」「エンタープライズデータセンター」をテーマに、大幅な機能強化を図る。

[石田己津人]

 クラウドコンピューティング時代を迎え、XenServerはサーバ仮想化ソフトという枠に収まらない存在となってきた。

画像 シトリックス 北瀬氏

 シトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス) マーケティング本部担当部長の北瀬公彦氏は「XenServerは、クラウド、デスクトップ、エンタープライズデータセンターという3つの開発テーマに焦点を当てている」と話す。IaaS(Infrastructure as a Service)などのクラウドサービス、デスクトップ/アプリケーション仮想化、企業データセンター。XenServerは、この融合し合う3領域で、共通基盤となることを目指しているわけだ。

 米Citrix Systemsが2011年7月5日に公開した次期XenServer「XenServer 6.0 Bata」(参考:Citrixが「XenServer 6.0」でVMwareへの対抗を強化)も当然、この3つの開発テーマに沿って機能拡張が図られた。

 なお、取材時は開発コードネーム「Boston」と呼ばれていたが、2011年7月5日の発表(参考:XenServer 6.0 Beta Now Available)に従い、本記事ではXenServer 6.0と表記する。

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。