2011年07月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

3つのテーマで開発ここまで分かった! XenServer 6.0の新機能

米Citrix Systemsは2011年7月5日、「XenServer 5.6」の次期バージョン「XenServer 6.0」のβ版を発表した。「クラウド」「デスクトップ」「エンタープライズデータセンター」をテーマに、大幅な機能強化を図る。

[石田己津人]

 クラウドコンピューティング時代を迎え、XenServerはサーバ仮想化ソフトという枠に収まらない存在となってきた。

画像 シトリックス 北瀬氏

 シトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス) マーケティング本部担当部長の北瀬公彦氏は「XenServerは、クラウド、デスクトップ、エンタープライズデータセンターという3つの開発テーマに焦点を当てている」と話す。IaaS(Infrastructure as a Service)などのクラウドサービス、デスクトップ/アプリケーション仮想化、企業データセンター。XenServerは、この融合し合う3領域で、共通基盤となることを目指しているわけだ。

 米Citrix Systemsが2011年7月5日に公開した次期XenServer「XenServer 6.0 Bata」(参考:Citrixが「XenServer 6.0」でVMwareへの対抗を強化)も当然、この3つの開発テーマに沿って機能拡張が図られた。

 なお、取材時は開発コードネーム「Boston」と呼ばれていたが、2011年7月5日の発表(参考:XenServer 6.0 Beta Now Available)に従い、本記事ではXenServer 6.0と表記する。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。