2011年09月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

パートナー支援は約束したがMicrosoftがWindows Azureを成功させる条件

Windows Phone開発、料金体系、セキュリティ認定……。Windows Azureのロードマップはいまだベールに包まれている。本気でパートナーに参戦してほしいなら、タイムリーな情報開示が必要だ。

[Barbara Darrow,TechTarget]

 米Microsoftは2011年7月半ば、同社のクラウドサービス「Windows Azure」(関連記事:オンプレミスとの連携を意識した「Windows Azure」)を活用したビジネスチャンスに関心を示すパートナーに対して、Azureサービスの計画を積極的に公開していくことを約束した。

 Windows Azureパートナーマーケティング担当グループプロダクトマネジャーのデベッシュ・サティアボル氏によると、Azureパートナーに対し、「数週間〜数カ月後」にリリース予定のAzure機能やプレミアムサービスについて、詳細なロードマップを提供するという。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...