2013年04月19日 18時30分 UPDATE
特集/連載

Windows RT vs. Windows 8(vs. iPad)Windowsタブレット早分かり――新UI、OSの違い、iPadに対する優位性

Windowsタブレットを選択する上で、OSはWindows 8とWindows RTのどちらを選ぶべきか、企業利用におけるメリット/デメリット、iPadに対するSurfaceの競争力などについて有識者に聞いた。

[Margaret Jones,TechTarget]

 米MicrosoftのSurfaceなど新しいWindowsタブレットは、詳細が少し分かりにくいようだ。各タブレットでできることと、できないことや、企業利用へのそれぞれの適性を見分けるのは大変だ。

 タブレット上のWindows RTとWindows 8は、従来のWindowsデスクトップと同様のルック&フィールに加え、タイルベースの新しいユーザーインタフェースを提供する。また、両OSにはMicrosoftのSkyDriveが統合されている。SkyDriveはクラウド型ストレージおよびファイル共有サービスであり、IT部門の管理が全く及ばない。

 だが、この2つのOSは、管理性と利用可能なアプリケーションが大きく異なる。幅広いタブレット(OEM製品や初のMicrosoftブランドのタブレット)が市場に出回っていることが、状況をさらに複雑にしている。

 Windowsタブレットの主な特徴や、企業利用におけるメリットとデメリット、AppleのiPadに対するMicrosoftのSurfaceタブレットの競争力などについて、(米医療関係企業の)元CIOで現在はフリーランスのテクニカルライターであるブリエン・ポージー氏に話を聞いた。

――タブレット上のWindows 8とWindows RTの違いは何ですか?

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。