2013年06月28日 08時00分 公開
特集/連載

ユーザーのうっかりでデータ露出、Amazon S3の意外な落とし穴Amazon S3のセキュリティ問題

クラウド事業者がデータとリソースの安全を守るため、どのような対策を講じているかを知ることは重要だ。その上で、IT部門も必要なセキュリティ対策を施す必要がある。

[James Furbush,TechTarget]

 パブリッククラウドサービスを利用している企業が、データのセキュリティはクラウド事業者が守ってくれると思っているのなら、その企業がトラブルに見舞われるのは必至だ。

 米TechTargetの2013年版Cloud Pulse調査によると、パブリッククラウドを採用しない理由としてデータセキュリティ不安を挙げた回答者は32%となり、2012年の36%に比べて減少した。

 クラウド事業者は、業績と評判を左右する顧客のデータ保護に力を入れている。しかしIT部門はホスティング契約を結ぶ前に、クラウド事業者がデータとリソースの安全を守るため、具体的にどんな対策を講じているかを知ることが重要だと、米クラウド事業者Cetrom Information Technologyのクリストファー・スターク最高経営責任者(CEO)は話す。

 最近では、「Amazon Simple Storage Service」(以下、Amazon S3)のユーザーがアカウントの設定を非公開ではなく公開に設定しただけで、データが露出してしまうことが発覚した。これは自社のデータのセキュリティに責任を持つことが、IT部門にとっていかに重要かを物語っている。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...