2014年05月07日 08時00分 公開
特集/連載

クラウド導入で失敗 10の“あるある”ガートナー サミット 2014リポート

クラウドが登場して久しいが、いまだにその概念は正しく伝わっていない。そのため、クラウドだと思って導入したものの期待する効果が得られないケースも多いようだ。クラウド導入でよくある10の失敗を紹介する。

[三浦優子]

クラウドにおけるよくある失敗とは?

ガートナー リサーチ 亦賀氏

 「クラウドがどんなものか理解しにくければ、すし屋に置き換えて考えてみるべきだ!」――ガートナー リサーチ バイス プレジデント兼最上級アナリストである亦賀忠明氏は、2014年4月25日に開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2014」で、「クラウドにおける『よくある失敗』」というタイトルのセッションを行った。その中で亦賀氏は、「いまだに本物/偽物のクラウドが混在している。本物のクラウドは松、竹、梅でいえば梅。すし屋でいえば回転ずしで、標準サービスに特化し、顧客からの注文によってサービスを構築するものではない。それに対し、顧客からの注文を聞いて構築するのは偽クラウド(疑似クラウド)。本物を見極める目を持たなければならない」と説く。クラウドにおける失敗から見える、その本質とはどこにあるのか。

本物のクラウドは回転ずし、偽物のクラウドは銀座の高級すし店

 亦賀氏のセッションでは「クラウドにおける『よくある失敗』」というタイトルで、10個の失敗例を挙げ、そこからどう対応すべきか推奨対策を紹介した。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...