ユーザーの製品選択を脅かす“ベンダーロックイン”、唯一の解決策とは?クラウド時代でもやっぱり問題に

ベンダーロックインから脱却する手段の1つとして、クラウドが注目を集めている。果たして、クラウドの活用によって、企業のIT部門はベンダーの支配から逃れることはできるのだろうか。

2014年08月19日 15時00分 公開
[Mark Eisenberg,TechTarget]

 ベンダーロックインから脱却する手段としてクラウドテクノロジーを採用するIT幹部は多い。コスト削減の必要性から企業は単独のベンダーに縛られやすく、コモディティを中心としたインフラ調達は1つの対策になるだろう。高コストをベンダーのせいにしたくなるのも無理はない。高額の、そして大抵は年単位の請求書を持ってくるのはベンダーだ。価格交渉の余地はほとんどない。交渉できるはずもない。既にそのベンダー1社単独の技術供給に依存しているからだ。たった1社による技術供給から脱却するために競争環境を作り出そうとするのは当然だろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...