こんなはずじゃなかった私物スマホの業務利用、厳しいルールは逆効果?社員を脅す手法に疑問符

多くの企業が行ってきた社内における私物モバイルデバイスの使用制限。情報漏えいなどを心配したルールだが、その手法は正しかったのか?

2014年08月24日 08時00分 公開
[Colin Steele,TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device) | iPad | iPhone


 モバイルセキュリティ市場は成熟しているが、全てのIT部門がモバイルのセキュリティについて十分理解しているわけではない。

 3〜4年前に大きく取り上げられていた「FUD」(恐怖、不安、疑念)戦略は、「安全なモバイルを実現する」という概念に取って代わられている。つまり、利便性を犠牲にすることなく、スマートフォンやタブレットに保存されている企業データを保護しようという考え方である。だが、企業が所有するノートPCのように、モバイルデバイスをロックダウンすべきだと主張する管理者もいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...