2014年09月19日 12時00分 公開
特集/連載

iOS/Android端末を月額100円台以下で管理できる「格安MDM製品」10選条件によっては1台1円以下のサービスも(6/10 ページ)

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

VECTANT SDM Stage1

項目 説明
ベンダー名 アルテリア・ネットワークス
提供形式 オンラインサービス
対応OS/端末 Android
月額/年額利用料金、保守サポート料金(税別) 年次契約の場合、年額利用料金1台当たり1650円(月次契約の場合、月額利用料金1台当たり150円)
初期導入費用、製品価格(税別) 5万円
最小購入単位 1ライセンス(端末台数)
1台当たり月額換算100円台以下の実現条件 1年利用の場合、67ライセンス以上の契約

 アルテリア・ネットワークスが提供する「VECTANT SDM」のAndroid端末向け最安プラン「Stage1」は、年次契約では年額利用料金が1台当たり1650円で、初期導入費用が5万円掛かる。初期導入費用を含めた初年度のトータルコストは、67ライセンス以上契約すれば、1台当たり月額200円(年額2400円)のMDM製品よりも安くなる。つまり、67ライセンス以上で1年利用すれば、1台当たり月額換算100円台以下となる計算だ(図5)。2年利用する場合は34ライセンス以上、3年利用する場合は23ライセンス以上と、利用年数が延びるほど少ないライセンス数で月額換算100円台以下を実現できる。月次契約では、月額利用料金が1台当たり月額150円となる。iOS端末向け最安プランの「Stage2/Stage2B」は、月次契約では1台当たり月額300円、年次契約では1台当たり年額3300円。

図 図5 VECTANT SDM Stage1の初年度のトータルコスト。67ライセンス以上契約すれば、1台当たり月額換算100円台以下で利用できる計算になる。利用年数が伸びるほど、より少ないライセンス数で月額換算100円台以下を実現可能

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...