2015年04月23日 08時00分 公開
特集/連載

x86サーバとJBODの組み合わせでほぼ無制限にファイル拡張「NexentaStor」Software Defined Storage(SDS)製品紹介:Nexenta Systems

Nexenta Systemsのストレージ専用OS「NexentaStor」は、x86汎用サーバとJBODの組み合わせによって、ほぼ無制限に拡張できるストレージ環境をより低コストで構築、運用できる。

[富永康信,ロビンソン]

ベンダーによって異なる、Software Defined Storage(SDS)の定義

photo エンタープライズストレージに必要な機能をソフトウェアで実装するNexentaStor《クリックで拡大》

 SDN(Software Defined Networking)に代表される「Software Defined」(ソフトウェア定義)という言葉がストレージ分野でも使われ始めた。現在、複数のストレージベンダーが「SDS(Software Defined Storage)」と銘打った製品を発表している。ただ、SDSという言葉自体が特定の技術やアーキテクチャを指すわけではなく、その定義は提供ベンダーによって異なる。

 2005年に設立された米Nexenta Systems(Nexenta)もそうしたSDSベンダーの1社だ。同社は2008年からストレージ専用OS「NexentaStor」を提供。2015年1月時点で約6000の企業が導入し、その管理総容量は1000ペタ(P)バイト以上だという。Nexentaではストレージの性能や機能、信頼性、可用性を維持しつつ、その導入・運用コストを抑える手法を提案している。本稿では、ネクセンタ・システムズ・ジャパン日本法人代表 松浦 淳氏の話を踏まえ、NexentaStorの特徴的な機能を紹介する。

x86汎用サーバとJBODの組み合わせでスケールアップ型ストレージ環境を構築

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...