「失敗ばかりで気がめいる……」 業務のモバイル化で失敗しないための4箇条モバイルアプリ開発とデスクトップアプリ開発は違う

業務のモバイル化は、正しいアプローチによる開発で成功に導くことができる。成功するための4つのポイントを紹介する。

2015年05月25日 08時00分 公開
[Marty ResnickTechTarget]
モバイル業務アプリケーションの開発アプローチごとの特徴(TechTargetジャパン記事「HTML5? それともネイティブ? スマホ業務アプリの作り方4種を徹底比較」から)《クリックで拡大》

 ビジネス機能のモバイル化プロジェクトの失敗ほど気がめいることはない。企業はモバイル化に費やした時間とリソースの見返りを期待するが、物事はそう簡単に行かない。

 正しいアプローチを取るためには、何をやってはいけないかを知る必要がある。例えばモバイルアプリケーション開発の複雑さを甘く見たり、分析の機会を無視したり、過去の開発から学ぶことができなかったりしてはいけない。モバイル戦略を失敗させないために避けるべき4つの過ちを以下に挙げる。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...