2015年07月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TechTargetジャパン用語事典DaaSプロバイダー(Desktop as a Serviceプロバイダー)

DaaSプロバイダー/Desktop as a Serviceプロバイダー/DaaS provider/Desktop as a Service provider/DaaS/Desktop as a Service/サービスとしてのデスクトップ

[TechTarget用語事典,TechTarget]

DaaSプロバイダーを利用する最大のメリットとは

tt_aa_kaigai.gif VDIとDaaS責任分担の違い(TechTargetジャパン記事「徹底比較:DaaSとVDIの運用管理はどちらが楽か」から)《クリックで拡大》

 DaaS(Desktop as a Service)プロバイダーとは、顧客の仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)をホストし、仮想デスクトップを顧客の組織のエンドユーザーに提供する企業のこと。

 DaaSプロバイダーでは通常、マルチテナントアーキテクチャを採用し、SLA(サービス品質保証契約)によって一定のレベルのアップタイムを顧客に保証している。

 こうしたサービスを利用する最大のメリットは、VDI導入に伴う多額の初期費用を用意しなくて済むことだ。代わりに、毎月、使用量に応じてサブスクリプション料を支払う必要がある。プロバイダーによっては、管理タスクもオフロードできる場合がある。ただし、プロバイダー側がどこまで踏み込んで管理できるようにするかが、論点になる場合がある。

 DaaSプロバイダーとしては、Desktone(VMwareが買収)、Leostream、AT&T、dinCloudなどが挙げられる。

DaaSプロバイダーについてもっと詳しく調べる

そもそもDaaSとは何か

0629_kf_yougo.jpg

 DaaSは、サードパーティーのサービス業者にVDIをアウトソーシングできるサービス。通常、マルチテナントアーキテクチャが採用されており、サブスクリプション方式で販売される。

 このデリバリーモデルでは、サービス業者はデータストレージ、バックアップ、セキュリティ、アップグレードを支えるバックエンドシステムを管理する。各顧客の個人データは、ログオン時に仮想デスクトップにコピーされ、ログオフ時に仮想デスクトップからコピーされる。デスクトップへのアクセスは、特定のデバイス、位置、ネットワークに依存しない。

⇒詳しい解説はこちら

VDI vs. DaaS、選択の基準とは

 仮想デスクトップインフラ(VDI)には多数の選択肢が存在する。さまざまなVDIソフトウェアやリモートディスプレイプロトコル、ライセンス方式などの違いがよく分からないという人もいるだろう。

 VDIとDaaSの間には共通点も相違点も多いため、どちらを選ぶかを決めるのは難しい。管理性、カスタマイズ性、価格、接続性など、選択に当たって確認すべきポイントを解説する。

⇒詳しい解説はこちら

DaaSとVDIの違いを徹底比較

 VDIの管理は従来のデスクトップの管理より優れている。だが、クラウドから仮想デスクトップをユーザーに配信すると、さらに物事が楽になる。DaaSプロバイダーから得られるものと、自分たちで責任を持つべきものを理解することは重要だ。

 社内のVDIとDaaSプロバイダーに期待すべきものを明らかにし、その違いを比較する。

⇒比較の詳細はこちら

仮想化に関連するホワイトペーパー一覧

 クライアントベースの仮想マシンをはじめ、仮想化製品/サービスに関するさまざまな最新資料を提供しています。現在抱えている課題解決のためのヒントを得ることができます。

⇒ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

無料のプレミアムPDFをダウンロード提供中

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...