2015年09月18日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Amazon EC2 Container Service」を理解するAmazon Web Servicesで「Dockerコンテナ」を使うと何がうれしいのか (1/2)

採用に積極的な企業も増えつつある「コンテナ」。その管理ソフトの代表格である「Docker」のコンテナが、「Amazon Web Services」で利用できる。ただし、利用に当たっては注意点もある。

[David Carty,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Docker | Amazon EC2 | Amazon


画像 AWSでDockerコンテナが利用できる(画面はAWSのサービス紹介ページ)

 「コンテナ」の熱狂がクラウドの中で渦巻いている。クラウドで稼働させるアプリケーションの可搬性の向上と効率の改善のために、コンテナに注目する企業が増えているのだ。この分野をリードしているのが、米Dockerのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」である。

 コンテナは新しい技術ではない。Dockerはコンテナの人気復活の立役者だが、最新世代のコンテナ技術には落とし穴もある。他の技術でもそうだが、IT管理者はDockerに飛びつく前に、コストやセキュリティ、その他の個々のニーズを検討する必要がある。

 本稿では、Dockerのコンテナを利用できる代表的なクラウドサービスである、米Amazon Web Servicesの「Amazon Web Services」(AWS)でのコンテナ活用に関するFAQ(よくある質問)を以下にまとめた。コンテナの採用を検討している企業は参考にしていただきたい。

ところで、コンテナとは何か

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...