2015年10月29日 08時00分 公開
特集/連載

ビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理も

Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Mac | 仮想マシン(VM) | iPad


Mac MacBook Pro《クリックで拡大》

 多くのMacユーザーが既に慣れ親しんでいる米Parallelsの「Parallels Desktop」は、MacでWindowsアプリケーションを簡単に実行できるようにするソフトウェアだ。これにはBusiness Editionもあり、社内のMacに対する一括展開と集中管理を行う機能が用意されている。IT管理者がこれを活用しない手はない。

 Parallels Desktopの一般的な用途は、Mac上でローカルに実行してWindowsオペレーティングシステム(OS)の仮想環境を作ることだ。これを使えば、Windows用プログラムとMac用アプリケーションを並行して実行したり、Mac環境とは切り離された専用空間でWindows用プログラムを実行したりできる。「Parallels Desktop for Mac Business Edition」なら、IT管理者がWindowsベースの仮想マシン(VM)を一括展開し、その設定を集中管理し、従業員が業務に利用して機密データを保護するための安全な環境を提供することができる。

Parallels Desktop Business Editionを使い始める前に

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...