2015年12月09日 08時00分 公開
特集/連載

VDI環境で3D CADの利用を実現、世界の拠点から活用する日揮の取り組み「vForum 2015 TOKYO」リポート(1/2 ページ)

エンジニアリング企業の日揮は、3D設計およびシミュレーションに利用する高性能グラフィックスワークステーションを仮想環境に移行し、世界各地から利用できる運用体制を整えた。導入時のエピソードをリポートする。

[富樫純一,大神企画]

 エネルギー、化学、医薬、環境分野を中心にエンジニアリング事業を展開する日揮。同社は、3D設計およびシミュレーションに利用する高性能グラフィックスワークステーションを仮想環境に移行し、世界各地の拠点から利用できる運用体制を整えた。従来のワークステーションの運用課題を解決するとともに、各拠点の設備コスト削減、稼働率の向上といった導入効果が得られているという。2015年11月に行われた「vForum 2015 TOKYO」の模様をお伝えする。

EPCプロジェクトを支えるワークステーションの課題

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...