徹底比較:高くても「iPad Pro」か、カジュアルに「iPad Air 2」か、選択の決め手は?大画面か、携帯性か、それが問題だ(1/2 ページ)

ノートPCの代替にもなると期待されている12.9型「iPad Pro」だが、9.7型「iPad Air 2」に比べると、高性能な分だけ価格も高い。ビジネスユースかカジュアルユースか、タブレットの使用目的ごとに性能を比較した。

2015年12月06日 08時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | iOS | タブレット


iPad Air 2とiPad Pro iPad Air 2とiPad Pro《クリックで拡大》

 ハイエンドのiOS端末を買おうとしている人は、ディスプレイが9.7型の「iPad Air 2」と、12.9型の新しい「iPad Pro」のどちらかを選ばなければならない。iPad Proの方が画面が大きいだけでなく、プロセッサもはるかに高速でRAM容量も多いが、価格も格段に高い。

 本稿では幅広い潜在ユーザーがベストな選択ができるように、両タブレットを詳しく比較し、比較項目ごとに選択のポイントを解説していく。

仕上がりとデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...