2015年12月18日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?

今までコミュニケーションの主力プラットフォームだった電子メールの時代の終わりが近づいている。脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。

[TechTargetジャパン]
“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?

 どのテクノロジーにも寿命はある。電子メールは依然として企業における主要な連絡方法となっているが、今後数年の間に大きな変化が訪れる可能性がある。実際に社内のコミュニケーションとしてソーシャルコラボレーションソフトウェアを採用したところ、メールを使わなくなったという企業もいる。さらにメール自体が業務の支障になっているケースも見聞きする。

 電子メールが持つ課題には、どのようなものがあるのだろうか。また、電子メールからコラボレーションソフトウェアに移行した場合、それらの課題を解決することはできるのだろうか。本稿では、電子メールの立場を再度確認しつつ、脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...