2015年12月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デザイン上の問題点もある徹底レビュー:iPad Proがさらに輝きを増す「Smart Keyboard」、辛口評価の理由は (2/2)

[Ed Hardy,TechTarget]

キーボード

 iPad Proは大きなタブレットだ。つまり、入力のスペースが十分にある。Smart Keyboardのキー部分の幅は27.3センチで、デスクトップPCのキーボードとほぼ同じサイズだ。また、「アイソレーション」タイプのキーボードなので、キーの間には十分な間隔がある。米国版は標準のQWERTY配列になっており、サイズの小さいキーはない。

 テストの一環として何人かにSmart Keyboardを試してもらったが、全員がその入力機能に満足する結果となっている。この中には常にフルサイズのキーボードを使用し、過去に小型のタブレット向けに設計されたサイズの小さいキーボードが小さすぎると感じた、手の大きなユーザーも含まれている。

 Smart Keyboardでは、ファブリック素材で覆われ、レーザーアブレーションにより各キーの形を形成する革新的なデザインが採用されている。各キーの下に何らかのバネを使用するのではなく、このファブリック素材によってキーが押し下げられた後に戻ってくる。このデザインは軽量で、キーボードにコーヒーをこぼしても壊れてしまうことを心配する必要はなく、汚れも付きにくい。だが、キーは若干柔らかく感じる。押し下げ感は十分にあるが、シザーキーのような程よい硬さはない。

 実際、iPad用の全てのBluetoothキーボードにはファンクションキーの列があり、音量やバックライトなどを制御できる。残念ながら、Smart Keyboardにこれらのキーは搭載されていない。Appleの「OS 9」以降には対応策が組み込まれている。例えば、「command」「shift」「h」を同時に押すことで「Home」キーとして機能させたり、「command」と「tab」を同時に押すことで実行中のアプリケーションを切り替えたりできる。Appleはこれらの機能で十分だと感じているのだろう。

 キーにバックライトは付いていないが、この価格帯のアクセサリでは申し分ないだろう。なお、「caps lock」キーにもLEDは付いていない。

レイアウト Smart Keyboardのレイアウト《クリックで拡大》

パフォーマンス

 Smart Keyboardは、iPad Proと接続するとその拡張機能となる。そのため、Smart Keyboardを使用するためにソフトウェアをインストールする必要はない。

 キーを押した瞬間に入力内容が登録されるため、入力時の遅延もない。また、キーボードとタブレットが物理的に接続しているため、Smart KeyboardがiPad ProのSmart Connectorにつながっている限り、通信が失われることはない。

バッテリー駆動時間

 Smart Keyboardにはバッテリーが搭載されておらず、iPad Proに搭載されたバッテリーを直接利用して機能する。一般にキーボードはほとんど電源を使用しないため、タブレットのバッテリー駆動時間に悪影響はあまりない。

 ほとんどの人が画面よりも物理的なキーボードで入力する方がはるかに速いため、Smart Keyboardの純粋な影響として、iPad Proのバッテリー駆動時間は向上するだろう。事実、米TechTargetが実施したテスト結果でも、そのことが明らかになっている。

結論

 iPad ProのためのSmart Keyboardを試した第一印象は、非常に優れた製品というものだ。非常にスリムで、予想通りの軽さであるものの、フルサイズのキーボードと同じくらいの大きさで、タッチタイプもやりやすい。

 多くの見込み客は組み込みのスタンドで複数の角度が使用できることを希望するだろう。また、Smart Keyboardには多くの競合キーボードに搭載されているファンクションキーのセットが存在しない。それから、キーには本来あるべき硬さが全く感じられない。

 実際、手軽な業務に使用するiPad Proのキーボードを希望するユーザーにとってSmart Keyboardは十分な選択肢だが、iPad Proを2-in-1のノートPCとして使用したい場合に最適な選択肢ではない。

価格

 Smart Keyboardの定価は169ドル(日本では税別で1万9800円)だ。これは、同種の製品でも高い方の部類に入る価格である。比較してみると、Microsoftの「Surface Pro 4」向けに作成された同様のデバイスである「Type Cover」は169ドル(日本では税込で1万7712円)で販売している。

 代替品を探している場合は、米Logitechの「CREATE」(149.99ドル)が候補になるだろう。また、あまりスマートとはいえないが、米ZAGGの「Messenger Universal」(69.99ドル)も一考の価値があるかもしれない。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...