2016年03月15日 15時00分 公開
特集/連載

クラウドユーザーはベンダーロックインの悪夢をまた見るのかIaaS市場の統合でこれから起きること

IaaS市場は統合が続いており、クラウドユーザーは新しい難題と危機に直面するだろう。しかし悪いニュースばかりではない。

[Alan R. Earls,TechTarget]
画像 主要サービス比較(TechTargetジャパン記事「AWS、Azure、Google――クラウド“ビッグスリー”比較表で分かる本当の勝者」から)《クリックで拡大》

 「IaaS(Infrastructure as a Service)」の分野は縮小しているように思われる。そして統合が続くことで、IaaS市場の力関係が変わるはずだと、ほとんどの業界関係者およびクラウドユーザーは見ている。

 これらの変化が長期的に何を意味するかは現時点では不明である。しかし、少なくとも今の時点では、IaaS市場における統合は、選択肢が今より少なくなることにつながり、より多くのユーザーがMicrosoftやAmazon Web Services(Amazon)、Googleといった「安全な」プロバイダーに賭けるようになる。また、クラウドベンダーの束縛という新しい懸念を引き起こすだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...