2016年04月28日 15時00分 公開
特集/連載

そのアプリとデータはどこにある? クラウドでも“場所選び”が重要になる理由AWSとAzureのリージョン選定は入念に

AWSやAzureなどのパブリッククラウドにとって、所有するデータセンターの数は競争の重要な要素だ。ただし、各クラウドのリージョンは単純に比較できるものではない。

[David Linthicum,TechTarget]
AWSのリージョン間接続(参照:AWSとIBM SoftLayerのネットワークを比較 仕組み、特徴の際立つ違いとは)《クリックで拡大》

 クラウドコンピューティングの世界において、リージョンは「アプリケーションとデータが存在する物理的な場所」を指す。大抵の場合、企業のIT部門はクラウド事業者の選択に加えて、クラウドリソースを配置する場所を選ぶ必要がある。そのためには入念な計画が必要となる場合もある。

 リージョンについて理解しなければならない理由は十分にある。まず、リージョンの選択次第では、IT管理者はデータの国外持ち出し(この場合はリージョン外への持ち出し)を規制する法律に抵触しかねない。またネットワークレイテンシが各リージョンのパフォーマンスに与える影響について、アプリケーションの構成や要件の観点から検討する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...