そのアプリとデータはどこにある? クラウドでも“場所選び”が重要になる理由AWSとAzureのリージョン選定は入念に

AWSやAzureなどのパブリッククラウドにとって、所有するデータセンターの数は競争の重要な要素だ。ただし、各クラウドのリージョンは単純に比較できるものではない。

2016年04月28日 15時00分 公開
[David LinthicumTechTarget]
AWSのリージョン間接続(参照:AWSとIBM SoftLayerのネットワークを比較 仕組み、特徴の際立つ違いとは)《クリックで拡大》

 クラウドコンピューティングの世界において、リージョンは「アプリケーションとデータが存在する物理的な場所」を指す。大抵の場合、企業のIT部門はクラウド事業者の選択に加えて、クラウドリソースを配置する場所を選ぶ必要がある。そのためには入念な計画が必要となる場合もある。

 リージョンについて理解しなければならない理由は十分にある。まず、リージョンの選択次第では、IT管理者はデータの国外持ち出し(この場合はリージョン外への持ち出し)を規制する法律に抵触しかねない。またネットワークレイテンシが各リージョンのパフォーマンスに与える影響について、アプリケーションの構成や要件の観点から検討する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...