2016年09月08日 15時00分 公開
特集/連載

サーバレス運用を実現――「AWS Lambda」「Azure Functions」を比較するクラウドで発生する手間を自動化で削減

クラウドを利用するにも、プロビジョニングといった手間やコストが発生する。だが、システムが自動でそれを実行できるとしたら、手間が大幅に下がる。ではどのように自動化すればいいのだろう。

[Kurt Marko,TechTarget]
Azure Functionsの公式Webページ《クリックで拡大》

 Amazon Web Servicesの「Amazon Web Services」(AWS)やMicrosoftの「Microsoft Azure」といったクラウドサービスには各種のメリットがあるが、こうしたサービスは依然としてオーバーヘッドを伴う。仮想サーバであれ、オブジェクトストレージバケットであれ、SQLデータベースであれ、使用する前にまずリソースを最適に提供する「プロビジョニング」をする必要がある。こうした必須とみられる要件が、クラウドを利用するためのコストや時間、手間を確実に増大させる。

 だがシステムが自動的にサービスをプロビジョニングし、別のアプリケーションからの通信といった各種のイベントに反応してジョブを実行できるとしたらどうだろう。これが「サーバレスアプリケーション」の背後にある考え方だ。サーバレスアプリケーションは「クラウドファンクション」とも呼ばれる。本稿では、2つのサーバレスコンピュ―ティングサービスであるAmazon Web Servicesの「AWS Lambda」とMicrosoftの「Azure Functions」について比較しながら確認する。

トリガーと対応言語

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...