2016年09月26日 12時00分 公開
特集/連載

「Docker」と「AWS」は“継続的デリバリー”のゴールデンコンビか継続的デリバリー効率化のヒント

昨今のソフトウェアのリリース頻度の高さは著しい。リリース効率を上げて企業の対応力を高める鍵が継続的デリバリーの手法だ。このパイプラインを構築するのに役立つノウハウを紹介する。

[Mike Pfeiffer,TechTarget]
Docker Dockerの公式Webサイト《クリックして拡大》

 昨今、ITチームがソフトウェアの更新をリリースする頻度は異常なほど高まっている。効率良くリリースするために、ITチームはアジャイルソフトウェア開発プラクティスに従い、DevOpsの考え方を採用している。ここまで効率を高める主な目的の1つは、新しい変更がアプリケーションに組み込まれたときに素早くフィードバックを入手することだ。このプロセスを加速するために、多くの組織がコンテナとクラウドプラットフォームを組み合わせて使用し、毎日のように複数のアプリケーションの更新を素早くリリースしている。このような組み合わせの1つが、「Docker」と「Amazon Web Services」(AWS)だ。

 「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」インスタンスはカスタムのアプリケーションコードを実行するのに適しているが、起動に時間がかかるため、開発者はOSが起動するのを待たなくてはならない。その一方コンテナは、移植可能かつ軽量で、典型的な仮想マシン(VM)につきものの障害が全くない。 CPU、メモリ、ストレージリソースの一部を取得するために既存のホストでプロセスの分離を使用するが、既存のクラスタ化されたホストをAmazon EC2で実行すれば、ITチームはコンテナを素早く稼働させることができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...