2016年11月18日 08時00分 公開
特集/連載

Slack vs. Microsoft Teams以上に注目したい「働き方の劇的変化」ビジネスチャットの地殻変動

今、ビジネスチャットに注目しているユーザーたちは「Microsoft TeamsがSlackに仕掛けた戦い」に夢中だ。しかし、Microsoft参入はもっと大きな、「働き方の本質」を変えようとしている。

[Linda Tucci,TechTarget]
Microsoft Teamsは、Microsoftがそろえる数多くのビジネスアプリのハブになるというのが最大の訴求ポイントになる、のだが……

 Microsoftはニューヨークで開いたイベントで、チャットベースの業務用ツール「Microsoft Teams」(以下、Teams)を公開した。最高経営責任者(CEO)のサトヤ・ナデラ氏はオーケストラやクリケットの試合を実例に挙げ、個々のメンバーの創造性を引き出す上でのチームワークのなせる業と、共通のフレームワーク(楽団員にとっての楽譜、選手にとっての作戦)の重要性を説いた。

 その日、オンラインチャットアプリで高いシェアを持つ「Slack」の開発ベンダーSlack Technologiesは、Microsoftのオンラインチャット市場参入をNew York Timesに掲載した全面広告で「歓迎」した。その広告では、「新しい、もっといい働き方に慣れるためにはユーザーのサポートと連係に対して抜本的に異なるアプローチが必要だ」とMicrosoftをけん制している。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...