2017年08月28日 05時00分 公開
特集/連載

IoT導入がうまくいかない“本当の原因”とは? 標準化団体幹部に聞くテクノロジーよりも重要なこと

IoTシステムやデバイスの普及には、標準化やセキュリティなど数々の課題がある。IT業界の大手5社が設立したIoT推進団体の理事が、こうした課題への取り組みについて語った。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

画像 「企業のIoT導入には、優れた人材の確保が必須」と専門家

 あらゆる機器同士がインターネットを介してつながる「モノのインターネット」(IoT)の仕組みに関する知識は、ある程度普及した。ただし企業がIoT関連の取り組みを進める際のセキュリティの確保、標準化、管理体制の強化に関しては、依然として課題が残る。業界の大手であるAT&T、Cisco Systems、General Electric、Intel、IBMは、産業用IoT向けに非営利団体(NPO)Industrial Internet Consortium(IIC)を設立。状況の打開に向けて動き出した。

 IICは、数年かけてテストベッド(試験用環境)を構築するプロジェクトを進めてきた。同プロジェクトは、新たなIoTシステムやサービス、プロセスをテストすることで、IoT製品が特定の環境で既存のテクノロジーと連携する仕組みを監視し、評価することを目的とする。

 IICの常任理事であるリチャード・ソリー氏は、最近開催されたイベント「MIT Sloan CIO Symposium」で講演し、「IoTシステムの特徴は、これまで考えもしなったようなモノ同士を連携させる点にあるが、実行は困難を極める。そもそも、モノの設計は他の機器との連携を想定していないためだ」と語った。IICは、テストベッドを構築することで「このような相互運用の要件を見極め、システムの確実な連携を支えている」と、同氏は説明する。

 ソリー氏は、国際的な標準化コンソーシアムであるObject Management Groupの会長兼CEOも務める。TechTargetは、同イベントでソリー氏にインタビューし、IICの目標をはじめ、標準化がIoTの普及を妨げるかどうかなどについて話を聞いた。あらゆる企業で現在、最高情報責任者(CIO)を務める人々に向けて、同氏からのメッセージを紹介する。以下は、インタビューからの抜粋だ。

―― IICの目標について教えてください。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...