2017年09月19日 05時00分 公開
特集/連載

今まさにビジネスを変えている「VR/AR」、すぐに手を付けるべきは?クラウド普及と共通する点も(1/2 ページ)

IoT(モノのインターネット)以降の世界をVR/ARがさらに変える準備は整った。ただし、VR/ARを企業や組織に普及させるためには、幾つかの準備が必要だ。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

画像 教育やビジネスなど、幅広い場面で期待を担う。

 調査会社IDCによれば、VR(Virtual Reality、仮想現実)およびAR(Augmented Reality、拡張現実)市場の収益は、2016年時点で52億ドルだったが、2020年には1620億ドルを超える規模へ成長を見込まれている。IoTと同様、強い変革力を持つVR/AR技術は、ビジネスを劇的に変える可能性をはらむ。

 同技術には課題も残る。うち1つは、「何をもってVR/ARを定義するか」という議論に欠かせない、VR/ARの作り出す経験「現実(Reality)」の定義が曖昧である点だ。VR/ARは、コンピュータを使って生成した画像や音声データで、ユーザーが体験する世界を一から構築することもあれば、別の“現実”を補足することもできる。こうした点は、テレビのように、あらかじめ完成した映像を視聴する受動的な体験とVR/ARとの間に一線を引く。VR/ARが映し出す世界は、ユーザーのインプットによりいくらでも変化するためだ。企業は、業務の合理化や販売機会の拡大、サービスの改善などの目的に、VR/AR技術とIoTデバイスを組み合わせて活用できる可能性もある。

犯罪捜査から商品販売まで活躍するVR/ARアプリ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...