徹底レビュー:液体冷却採用の2-in-1「Acer Switch 7 Black Edition」はどのくらい静か?静かな動作と薄さにも注目

Acerが2017年9月に発表した2-in-1-デバイス「Switch 7 Black Edition」は、高い画像処理能力と液体冷却システムによる静かな動作を実現した。同製品の性能や特徴を詳しくレビューする。

2017年09月23日 05時00分 公開
[Dragan PetricTechTarget]

画像 《クリックで拡大》

 個別のグラフィックスを備え、ゲームなどの用途により特化した消費者向けノートPC市場が、再び活況を呈している。Acerは、2017年9月にベルリンで開催された国際的な消費者家電見本市「IFA 2017」で、単体グラフィック(注)を備えた13.5インチ型2-in-1デバイス「Switch 7 Black Edition」を発表した。

※注:単体のGPUを採用することで、能力を上げた画像処理(グラフィック)コントローラー。別名ディスクリート・グラフィック

Switch 7 Black Editionの画像処理能力はどれほど高いのか

 キックスタンドのヒンジのような細かいパーツまで黒く塗り上げた漆黒のSwitch 7 Black Editionは、タブレットには珍しい液体冷却システムを備えている。同製品は、液体冷却システムとIntelの第8世代クアッドコア「Core i7」プロセッサを組み合わせることで、13.5インチ型デバイスとしてはより薄くなり、駆動音を抑えた静かな動作を実現した。最先端テクノロジーを組み合わせた結果は、同製品の価格に表れている。米国市場では、1699ドル以上と高価だ。

画像 《クリックで拡大》

 Switch 7 Black Editionの画像処理を支えるのは、NVIDIAのグラフィックスカード「GT 1030」のモバイル版「MX 150」チップセットだ。単体グラフィックと言っても、ヘビーゲーマーにとっては疑問が残る造りともいえる。MX 150は、動画編集や動画を使ったプレゼンテーションなどの作業には十分対応できるものの、「ゲーム用ノートPC」と見なせるレベルの画像処理能力を備えているかどうかは疑問だ。同製品の位置付けは、あくまで「Intelの統合グラフィックスを備えた2-in-1デバイスと比較すれば、期待以上の製品」程度に留めておくべきだろう。

液体冷却システム採用の効果

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...