2017年10月07日 05時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:Lenovo Tab4 割安タブレットのできること、できないこと読書用や寝室用、両親へのプレゼントに(1/3 ページ)

Lenovoの「Tab4」は、お手ごろ価格でバッテリー持続時間は若干気になるが優秀なハードウェアを備え、負荷の低いタスクの処理には十分なパフォーマンスを発揮する。用途を限定した使い方で活躍するだろう。

[Ed Hardy,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 Android搭載タブレットでは小型、中型サイズの市場は競争が激しい。だが、Tab4はそのお手ごろ価格を武器にこの市場に闘いを挑んでいる。

 Tab4は、8型が129.99ドルと10.1型が179.99ドルの2つのモデルから選べる。テストには8型モデルを使用した。2つのモデルの違いは少なく、ディスプレイサイズの違いはその1つだが、レビュー結果の多くは10.1型モデルにも当てはまる。

 どちらのモデルも、Qualcommの「Snapdragon」プロセッサと16GBのストレージを内蔵し、Googleの「Android 7.1」を搭載している。

構造とデザイン

 8型モデルの寸法は約211(幅)×8.3(高さ)×124(奥行き)ミリ、重さは約320グラムだ。そのため、ハンドバッグやリュックに入れて簡単に持ち運べる。

 確かに、Amazonの「Fire HD 8」など、同様の機能や特徴を備えた低価格のデバイスは他にもある。だが、Lenovoの製品は見た目や使い心地がはるかに優れている。Tab4は小型かつ軽量でありながら、そのデザインはプロ指向が強くなっている。

 構造の品質はすばらしく、テストで力を加えても曲がったり、たわんだりすることはほとんどなかった。大部分がブラスチック製とは思えない頑丈さだ。

画像 《クリックで拡大》

 テストに使用したタブレットのカラーは黒だったが、白も用意されている。

 10.1型モデル(Lenovo Tab4 10)の寸法は約247(幅)×8.5(高さ)×170(奥行き)ミリだ。ディスプレイサイズが大きくなってはいるが、持ち運びの容易さは8型モデルと遜色ない。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...