2017年12月09日 05時00分 公開
特集/連載

壊れたiPadの直し方 自分で直すのではなく、プロに任せる3つのアドバイスそれほど悲観することはない

形ある物はいつか壊れる。では「iPad」が壊れてしまったとき、私たちが取るべき適切な対応は何だろうか。経験者からのアドバイスを3つ紹介する。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | iPad mini | iPhone | モバイル端末 | タブレット


 画面が割れてしまった「iPad」を目の前にショックを受けている皆さんへ。涙を流し、自分を責めた後には、できる限り簡単かつ安価にiPadを修理する方法を考えてみよう。本稿はその手助けをする。TechTargetではこれまで何度かこのような事態を経験したので、同じ失敗を繰り返さないようアドバイスできる。

 「iPadが壊れる悲劇の前に知っておきたい、修理代、保険、保護ケース」をお読みになった方は、アドバイスに従ってAppleの「AppleCare+」に加入されたかもしれない。そうであれば、話は簡単だ。Appleに連絡し、4400円(税込)を支払うだけでタブレットを修理してもらえる。

自分で修理することは考えない

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...