2018年02月11日 05時00分 公開
特集/連載

UEM、クラウド、EoTとは? 出遅れないために確認したいモバイルトレンド2020年以降も続くトレンドになるか

エンタープライズモビリティー管理(EMM)を導入する企業が増えるに伴い、2018年にはクラウド、Enterprise of Things(EoT)、統合エンドポイント管理(UEM)などのトレンドの重要性が増すだろう。

[Jack Gold,TechTarget]
EMMの技術 EMMの技術《クリックで拡大》

 2018年、ITプロフェッショナルは、モバイル活用のトレンドに細心の注意を払う必要がある。中でもクラウド、Enterprise of Things(EoT)、統合エンドポイント管理(UEM)が重要になる。

 モバイルデバイスの存在感が増すにつれ、エンタープライズモビリティー管理(EMM)は多くの企業の中核を担うコンポーネントになっている。ビジネスユーザーは、半数以上の社内業務をモバイルデバイスで行っていると推測される。こうした状況では、モバイルデバイスがビジネスツールとして扱われる。決して、使用が許される単なる追加テクノロジーではない。

 2018年にモバイルデバイスを導入する企業は、EMMスイートを使ってデバイスをプロビジョニング、管理、保護することで、ユーザーの生産性を高めることができる。

 2018年のEMM業界には、多くの企業に影響する変化が幾つか起きると想定される。このようなトレンドは、企業が調査して、自社のモバイル戦略に取り入れる価値がある。ここからは、企業がモバイルの使用に関して変更できる2018年の3つの重要な分野を取り上げる。

クラウドの不確かな見通し

 現在、クラウドでホストされているEMMは半数程度にすぎないと推測される。早い段階からEMMに投資している企業は、オンプレミスでのホストを続けている。新たにインストールされるEMMの大半はクラウドでホストされるようになっている。だが、残りの企業の姿勢は変わらず、変える理由もないと考えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...