2018年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

コードの共有を促進Swift開発者が「iOS」アプリをモジュール化する、これだけのメリット

アプリケーションをモジュール化するメリットは、多くの開発者が認識している。かつてはハードルが高かったモジュール化作業も、Appleの新しい取り組みにより、活用機会を広げている。

[Erica Mixon,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | アプリケーション開発


 アプリケーションのモジュール化は基本的な開発手法の1つだが、Appleの新しい取り組みにより、「iOS」開発者の間で優先度が高まっている。

 アプリケーションのモジュール化は、アプリケーションを小さな処理しやすいコンポーネントに分割する作業だ。アプリケーションをモジュールに分割するときは、機能ごとに分けることが多い。例えば、認証プロセスを担う認証モジュール、ログインプロセスを担うログインモジュールなどだ。2018年6月、Appleのプログラミング言語「Swift」のイベント「SwiftFest 2018」に参加した開発者たちは、モバイルアプリケーションをモジュール化する目的やアプローチ方法について話し合った。

 アプリケーション開発チームにとってモジュール化はさまざまな利点がある。例えば、コードの分担がより明確になるため、時間を無駄にしないで開発プロセスを進められる。また、コード品質やバグを管理しやすくなる。

混乱の解消とスケーラビリティの向上

ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...