2018年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

ビジネスメッセージング市場に「独り勝ち」はない徹底比較:Apple Business Chat vs. WhatsApp Business API、パートナー戦略の違いは?

WhatsAppはビジネスメッセージングAPIに関して、Appleとは違うアプローチを採っている。WhatsAppがベンダーとのパートナーシップを通じてどう差別化を図っているのかを解説する。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

 Facebook傘下のWhatsAppは2018年8月に「WhatsApp Business API」を立ち上げた。これは「Apple Business Chat」に似ているが、この2つのビジネスメッセージングサービスは、パートナー戦略に違いがある。WhatsAppがAPIベンダーに照準を絞っているのに対し、Appleはコンタクトセンターベンダーに重点を置く。

 WhatsApp Business APIプラットフォームでは、組織がWhatsAppを介してプログラマブルな形で顧客とつながることができ、注文状況に関する情報の自動化や、サポートサービスへのアクセス、Webサイトでクリックするとチャットできるボタンなどの機能を提供する。

 WhatsAppのブログによると、同社は顧客とのコミュニケーション管理を専門とする特定数の企業と直接的に連携している。開発用のAPIを幅広い組織向けに提供することは検討していない。それよりも、規模の大きな企業に照準を定め、パートナー関係を通じてその溝を埋めている。

似ているようで、明らかに違うこと

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。