2018年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

ユーザーの帯域幅利用状況を変える簡単な方法はないIT部門が実践すべき仮想デスクトップ(VDI)導入のベストプラクティス

IT部門が仮想デスクトップインフラ(VDI)を計画する際、パフォーマンスの問題を引き起こさないために取れる対策が幾つかある。従業員のPC使用環境から考える、VDI導入計画のポイントを紹介する。

[John Powers,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)には、IT管理の一元化など多くのメリットがある。こうしたメリットを余すところなく利用するには、IT部門はユーザーのニーズを考慮しなければならない。こうしたニーズは企業によって大きく異なり、IT部門のVDIの構築、保守、変更方法に影響する。IT部門がVDIの導入計画を立てるときには、さまざまなベストプラクティスがある

ユーザーの場所を考慮する

 ユーザーの場所を考慮することは、VDI導入に不可欠なベストプラクティスの1つだ。ユーザーとデータセンターの距離が長くなるほど、そのユーザーのワークステーションが正しく機能するために必要な帯域幅が増える。企業のデータセンターとユーザーがWAN経由で接続している場合、IT部門がユーザーに快適なパフォーマンスを提供するには多くの計画が必要になる。

 ユーザーが働く場所に基づいて、IT部門はユーザーを3つのカテゴリーに分けられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...