2018年11月23日 05時00分 公開
特集/連載

「Alexa for Business」、Amazon Echo以外のデバイスでも利用可能にMicrosoftやCiscoとしのぎを削るAmazon

Amazonの企業向け音声アシスタント「Alexa for Business」が、Amazon Echo以外のデバイスで利用できるようになる。Webサービスとの連携など、ビジネス向け機能も追加される。

[Jonathan Dame,TechTarget]
photo

 Amazon.com傘下のAmazon Web Services(以下、Amazon)は2018年10月、企業向け音声アシスタントサービス「Alexa for Business」を、PlantronicsやBlackBerryといったAmazonのサードパーティー製デバイスにも展開できるようにすると発表した。これまで同サービスは「Amazon Echo」デバイスでしか動作しなかった。提供開始から約1年を経た今、サードパーティーのパートナーシップによってサービスの利用を促進する狙いだ。

 ユーザー企業はAlexa for Businessを導入しやすくなりそうだ。これからは、会議室に設置して利用するPolycom(Plantronicsの子会社)の音声会議デバイス「Polycom Trio」といった、既に所持しているハードウェアでサービスが利用できるようになる。会議室に置かれたAlexa対応デバイスを音声で操作し、オンライン会議を開始するといったことが可能だ。Alexa for Businessは電子メール、カレンダー、ビジネスアプリケーションと連携するので、従業員は音声で基本的な作業ができるようになる。

Alexaの導入にはハードルも

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...