2018年11月23日 05時00分 公開
特集/連載

「Alexa for Business」、Amazon Echo以外のデバイスでも利用可能にMicrosoftやCiscoとしのぎを削るAmazon

Amazonの企業向け音声アシスタント「Alexa for Business」が、Amazon Echo以外のデバイスで利用できるようになる。Webサービスとの連携など、ビジネス向け機能も追加される。

[Jonathan Dame,TechTarget]
photo

 Amazon.com傘下のAmazon Web Services(以下、Amazon)は2018年10月、企業向け音声アシスタントサービス「Alexa for Business」を、PlantronicsやBlackBerryといったAmazonのサードパーティー製デバイスにも展開できるようにすると発表した。これまで同サービスは「Amazon Echo」デバイスでしか動作しなかった。提供開始から約1年を経た今、サードパーティーのパートナーシップによってサービスの利用を促進する狙いだ。

 ユーザー企業はAlexa for Businessを導入しやすくなりそうだ。これからは、会議室に設置して利用するPolycom(Plantronicsの子会社)の音声会議デバイス「Polycom Trio」といった、既に所持しているハードウェアでサービスが利用できるようになる。会議室に置かれたAlexa対応デバイスを音声で操作し、オンライン会議を開始するといったことが可能だ。Alexa for Businessは電子メール、カレンダー、ビジネスアプリケーションと連携するので、従業員は音声で基本的な作業ができるようになる。

Alexaの導入にはハードルも

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。