2018年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

使いやすく、割安なのは?AWS、Azure、GCPのコンテナレジストリを比較 Docker Hubとの違いは?

コンテナイメージのレジストリとして「Docker Hub」を使っている開発者は少なくないが、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Googleが提供するサービスを利用するという選択肢もある。これらの特徴を比較してみよう。

[Chris Tozzi,TechTarget]
画像

 パブリッククラウドの3大プラットフォームである「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」(Azure)、「Google Cloud Platform」(GCP)は、いずれも「Docker」のコンテナイメージを格納、管理するためのレジストリを提供している。これらのレジストリの料金や機能には違いがある。開発者はどのレジストリを使うかを決める前に、その違いを知っておくべきだ。

 パブリッククラウドベンダーが提供するコンテナイメージのレジストリを使用することで、ユーザーはコンテナイメージの保存、管理、デプロイができる。主要な選択肢として「Amazon Elastic Container Registry」(Amazon ECR)、「Azure Container Registry」「Google Container Registry」の3つがある。

 開発者が特定のクラウドベンダーのコンテナサービスを使っているとしても、コンテナイメージのレジストリについては、そのクラウドベンダーのサービスを利用する必要はない。「Docker Hub」のようなサードパーティー製のレジストリを使うことはよくある。だがクラウドベンダーのレジストリを使うことは、サードパーティー製を利用するよりもいい選択になる場合がある。その理由を説明しよう。

料金体系の違いは

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...