2018年12月19日 05時00分 公開
特集/連載

Netflixの継続的デプロイツール「Spinnaker」がKubernetesとの連携を強化使い勝手が向上

NetflixとGoogleが主導する継続的デプロイツール「Spinnaker」とKubernetesの連携機能が刷新され、企業にとっての魅力が増している。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | アプリケーション | 運用管理


画像

 NetflixとGoogleが主導する継続的デプロイツール「Spinnaker」のKubernetesとの連携機能が改善された。企業のDevOpsチームにとって、より魅力的になったといえるだろう。Spinnakerを利用することで、DevOpsチームは継続的デプロイを高速化できる。

 Spinnakerではパイプライン(実行したいタスクに関する一連の処理)を用いて継続的デプロイを実行する。このパイプラインは非常に細かくカスタマイズできる。だがNetflixによる初期設定では、DevOpsチームがアプリケーションの継続的デプロイの導入で得られる優位性がほとんどない。Spinnakerではなく、別のオープンソースのパイプラインツール「Jenkins」を採用しているユーザーもいる。そちらの方が使いやすいためだという。これまでSpinnakerとKubernetesのコンテナクラスタの連携について改善が求められていたが、その機能が2018年10月中旬に実装された。

Spinnakerの新しい機能

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...