2018年12月19日 05時00分 公開
特集/連載

Netflixの継続的デプロイツール「Spinnaker」がKubernetesとの連携を強化使い勝手が向上

NetflixとGoogleが主導する継続的デプロイツール「Spinnaker」とKubernetesの連携機能が刷新され、企業にとっての魅力が増している。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | アプリケーション | 運用管理


画像

 NetflixとGoogleが主導する継続的デプロイツール「Spinnaker」のKubernetesとの連携機能が改善された。企業のDevOpsチームにとって、より魅力的になったといえるだろう。Spinnakerを利用することで、DevOpsチームは継続的デプロイを高速化できる。

 Spinnakerではパイプライン(実行したいタスクに関する一連の処理)を用いて継続的デプロイを実行する。このパイプラインは非常に細かくカスタマイズできる。だがNetflixによる初期設定では、DevOpsチームがアプリケーションの継続的デプロイの導入で得られる優位性がほとんどない。Spinnakerではなく、別のオープンソースのパイプラインツール「Jenkins」を採用しているユーザーもいる。そちらの方が使いやすいためだという。これまでSpinnakerとKubernetesのコンテナクラスタの連携について改善が求められていたが、その機能が2018年10月中旬に実装された。

Spinnakerの新しい機能

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。