「iPad Pro」か「Surface Pro」か 比較で分かったその答え特選プレミアムコンテンツガイド

市場にはさまざまなタブレットがある。その中でも「iPad Pro」と「Surface Pro」は知名度という点で間違いなく2強といえる。どちらも高水準の性能を持っているが果たしてビジネス利用に最適なのはどちらなのだろうか。

2019年02月18日 08時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ビジネスでタブレットを利用する機会が以前より増えたと感じる人は少なくないだろう。PCの代替品として考えると操作性など気になるところはあるものの、社外でのデータ参照やちょっとした作業では十分に使える性能を持っている。

 ビジネス用のさまざまなタブレットが登場しているがやはり「iPad Pro」と「Surface Pro」は検討から外せない。だが、実際ビジネスで最適なのはどちらか、という疑問について明確な答えはない。

 分かりやすく、決定的な違いとしては「OSの違い」がある。だが「Windows利用者が多ければSurface Pro、そうでなければiPad Pro」なのかといえばそうとも言い切れない。従業員がどのような機能を必要とするかによって変わってくるためだ。

 本稿では「iPad Pro」と「Surface Pro」のそれぞれの性能や向いている業務について比較を行った結果を紹介する。デバイス管理の容易さ、といった観点でも比較しているので先入観にとらわれず、自社に最適なデバイスはどちらなのか検討材料としてほしい。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...