2019年03月01日 09時00分 公開
特集/連載

Dockerのセキュアなホスト環境を構築するためには?Linuxの例を紹介

コンテナ分野の最先端技術において、セキュリティの基本的なベストプラクティスは見逃せない。ワークロードを保護し、攻撃の対象となる領域を最小限に抑えられる。

[Stuart Burns,TechTarget]
画像

 コンテナ管理ツール「Docker」をセキュリティが確保された状態にできるかどうかは、ITの運用方法に左右される。大まかに言えば、コンテナをホストするLinux、Docker環境、コンテナの管理方法がそれに当てはまる。

 本稿で提示するガイドラインは、OS固有のものではなく汎用(はんよう)的なものだ。そのため、さまざまな環境でコンテナを安全に運用する際に役立つ。アクセス制御、最新パッチ、監査、分離など、使用するOSのバージョン固有のセキュリティに関するベストプラクティスについては、該当OSのベンダーに確認されたい。

ホスト層のセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。