2018年05月08日 09時00分 公開
特集/連載

LinuxとWindowsの壁を乗り越えるDockerコンテナの移植性を高める「LinuxKit」のメリットとデメリット

コンテナプラットフォームは高度な移植性を実現する。だがコンテナの移植性には幾つかの制限がある。永続ストレージ、異なるコンテナ形式などがその例だ。

[Chris Tozzi,TechTarget]

 現在のソフトウェア環境では移植性が重要だ。一種類のホストサーバ、OS、ソフトウェア環境でしか実行できないアプリケーションでは、ビジネスニーズを満たせなくなっている。そのようなアプリケーションはアジリティに欠け、ソフトウェアやハードウェアのアップグレードを妨げる。さらにメンテナンスも難しい。

 この移植性の課題の解決策になるのがコンテナプラットフォームだ。コンテナは、移植性のないアプリケーションをほぼどこにでも簡単に導入できるようにする。ただし幾つか注意点はある。

併せて読みたいお薦め記事

コンテナの可能性

コンテナ管理ツール比較

  • Kubernetes、Elasticsearch、Prometheus コンテナ管理ツールを比較する

コンテナへの懐疑的な視点


移植性の定義

 ソフトウェアの移植性とは、1つのアプリケーションを種類が異なるホスト環境で実行できることだ。この移植性にはさまざまなレベルがある。全ての種類のLinuxディストリビューションで実行できても、Microsoftの「Windows」では実行できないアプリケーションは、LinuxとWindowsの両方で稼働するアプリケーションに比べれば移植性は低いといえる。

 また、アプリケーションをある環境から別の環境に移行する際にどの程度調整が必要かという観点で移植性が測られることもある。移植性の高いアプリケーションは、構成ファイルを大幅に変更することなく、全てプラットフォームに導入できる。

 これに対して移植性が低いアプリケーションは、同様にさまざまなシステムで実行できるとしても、環境を変える場合は構成を大幅に調整しなければならない。

移植性についての従来のアプローチ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...