2019年04月18日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド戦略の根幹「ハイブリッドクラウド」は「ハイブリッドIT」「マルチクラウド」とどう違うのか?

マルチクラウドとハイブリッドクラウドには明確な違いがある。両者の概念を理解した上で、クラウドをどのように採用するのが適切かを検討する必要がある。

[John Fruehe,TechTarget]
画像

 クラウドコンピューティングは、リソースを手軽に調達し、そのリソースのプロビジョニング(配備)と運用の自動化を実現する。企業のIT部門はクラウドを適切に活用することで、変化するビジネスニーズに素早く対処できるようになる。IT部門がその戦略を成功させるためには、クラウド戦略を明確に定義する必要がある。もはや問題は、クラウドを利用するかどうかではなく、どのようにクラウドを利用するかに移っている。

 クラウドの主要な選択肢になるのは、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」といったパブリッククラウドだ。既存のデータセンター内でプライベートクラウドを構築する際は、VMwareやOracleといったベンダーが販売するクラウド関連製品を運用環境に取り入れる。この2つのクラウドをどのように扱うかは、企業のIT戦略の大枠を左右する重要な要素だ。

ハイブリッドIT、マルチクラウド、ハイブリッドクラウドの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...