2019年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

「Cisco Meraki」で無線LANを改善学校が「Wi-Fi 6」の早期導入に踏み切った理由

高速かつ大きな通信容量の無線LANを実現したい――。こうしたニーズを満たすために、カナダのある学区が実施したこととは何か。

[Alissa Irei,TechTarget]

関連キーワード

Cisco Systems | 無線LAN | Wi-Fi | 教育IT


画像

 カナダのアルバータ州ロッキーマウンテンハウスにあるワイルドローズ学区は、主要都市部から百数十キロ離れた場所に位置する。同学区には、自宅からインターネットにアクセスできない生徒や教員が多く、学校で利用できるインターネット接続環境が極めて重要だ。

 「当学区の生徒には、都市部の生徒と同じように、デジタルでつながる世界で生活してほしい」。こう語るのは、ワイルドローズ学区でITサービス部門のディレクターを務めるジェイモン・ルフェーブル氏だ。同学区は、学習をはじめとするさまざまな用途でのインターネット利用を支援するために、無線LANをはじめとするネットワーク環境の整備を進めている。

 ルフェーブル氏は、かつてワイルドローズ学区で発生した、予算の都合で無線LANのアップグレードが遅れた際の出来事について「繰り返したくない」と振り返る。新たな年度が始まる9月、予想外のトラフィック増加によって、同学区のネットワークが機能しなくなった。そのため、9月半ばまでにネットワークを刷新する必要があり、「理想とは懸け離れた状態」(同氏)だったという。

 そこでワイルドローズ学区が導入したのが、Cisco Systemsのクラウド管理型無線LAN製品/サービス群「Cisco Meraki」だ。

 ルフェーブル氏らのチームはわずか数日で、ワイルドローズ学区のネットワークシステム全体にCisco Merakiのアクセスポイント(AP)を複数導入できた。これはネットワーク機器を置き換えやすいというCisco Merakiの特徴による効果だ。それ以来約10年にわたり、同チームはCisco Merakiを利用し続けている。

なぜ「Wi-Fi 6」が必要か

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...