2019年11月29日 05時00分 公開
特集/連載

「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の失敗しない選び方 3大ポイント選定時にまず確認すべき要素を紹介

「HCI」への投資を効果的なものにするためには、自社のニーズに適した製品を選定することが重要だ。そのために注意すべき3つの選定ポイントを説明する。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入は一般的に言って大きな投資になる。だからこそ、導入するならば自社のビジネスニーズに合った最適な製品を選定することが欠かせない。HCI製品の選定に着手する際、まずは各HCI製品の基本的な要素を知っておく必要がある。特に確認すべきポイントとして、

  • 拡張性の限界
  • ソフトウェアの互換性
  • 保守サポート

がある。

ポイント1.拡張性の限界

 HCIは拡張性が利点だが、どこまでも拡張できるわけではなく、限界がある。その点をまず認識しておく必要がある。HCIは通常、特定のタスクを実行するために個々のノード(サーバ)を集約してシステムの実行環境を構成する。この実行環境を構成するノードの数には上限があるのが一般的だ。その上限が各HCI製品の拡張性の限界ということになる。

ポイント2.ソフトウェアの互換性

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキング
ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?

news141.jpg

デジタル広告不正の内容理解は4割にとどまる――デロイト トーマツ調査
問題意識はあるものの理解は浅く、取り組みもまだ不十分というのが現状のようです。

news163.jpg

BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。