2019年12月27日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイド離職率や教育コストを下げる起点となるVoE(従業員の声)

従業員の愛着やモチベーション向上に積極的な企業が、従業員の声を集約する技術やプログラムへの関心を高めている。

[Cath Everett,Computer Weekly]
iStock.com/fizkes

 従業員エクスペリエンスという考え方が大流行している。スキル不足の影響が続く中、デジタル技術やそれまでの常識を破壊するようなミレニアル世代の態度が相まって企業文化の再編が続き、人事部はどうやって従業員をつなぎ留めてモチベーションを与えるかという課題に直面している。結果として、入社してから退社する日まで、従業員に前向きなエクスペリエンスを与え続けることが重点課題になりつつある。

 「従業員が働きたいと思う会社にすることに尽きる。適切なツールや手順、体勢が整っていて、成功に向けた条件がそろっている会社。上司が部下のことや部下のキャリア目標と全般的な満足感に気を配ってくれる会社。組織の下す決定を従業員が支持できる会社だ。それが文化、物理環境、リーダーシップという黄金の三角形を形成する」。人事管理ソフトウェアを提供するCoreHRの人事ディレクター、シャロン・ルーニー氏はそう語る。

 従来型の従業員調査ツールは、従業員の考え方を理解する目的で年に1回の従業員アンケートや、インターネットを使ったパルス調査のような形で利用されてきた。だがこの数年は、もっと間接的な形で意見を聞く手段も浮上している。それほど広く普及はしていないものの、社内のソーシャルネットワークや電子メール、実務グループを横断し、「Glassdoor」や「Indeed」といった求人サイトの外部データソースも追跡して従業員の感情や緊張感を分析するツールも使われている。

 調査会社Gartnerの市場調査担当バイスプレジデントのロン・ハンズコム氏は言う。「こうした積極的な意見収集と間接的あるいは推測的な感情収集の組み合わせは『従業員の声(Voice of the Employee:VoE)』と呼ばれる。現時点で単一のVoEソフトウェアスイートを調達することはできなくても、そうした機能のほとんどは初期の形態で存在している。さまざまなソースから集めたデータを使って分析し、それに基づいて行動できるようにする作業も進展している」

 そうしたツールの市場はまだ生まれたばかりで、フル機能を搭載したVoE製品が登場するまでにはあと3年ほどはかかる見通しだ。だがこの分野は「急速に進化」していて、サプライヤーがあらゆる分野から参入しているとハンズコム氏は話す。そうしたプロバイダーには、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...