2020年04月09日 05時00分 公開
特集/連載

eBayは「AI」をどう活用しているのか? Eコマースに使えるAI画像認識、自動翻訳他

eBayは自動翻訳や画像認識、写真のクリーンアップなどのAI技術を利用している。ユーザーを引き付けてつなぎ止めるためだ。具体的にどう活用しているのか。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 ここ数年、Eコマース企業はオンラインで商品を売買しやすくするためにAI(人工知能)技術を導入している。世界有数のEコマース企業eBayは、エンドユーザーをサポートするためにコンピュータビジョンや自然言語処理、機械学習(深層学習を含む)を利用している。

 eBayはAI機能の開発と導入に多額の投資をしている。競合企業であるWayfairやAmazon.comもEコマースのシステムで同様の機能を開発しており、eBayだけが特別なことをしているわけではない。ただし同社がオークション形式を採用して販売者志向である点は、商品を売買するエンドユーザーにメリットをもたらし、他社との差異化につながっている。同社は、画像検索や画像のクリーンアップといった画像向けツールを幾つか用意している。

 エンドユーザーがeBayのモバイルアプリケーションを使用して対象物の写真を撮影すると、そのモバイルアプリケーションがコンピュータビジョンと深層学習によって同社のシステムにある類似画像を検出する。同社はこの機能を2017年にリリースし、リリース以降もアップロードされた画像で機械学習を続けていているため、その機械学習モデルの認識精度は向上している。

 GoogleやAmazonなどもオブジェクト認識技術を導入して同種の機能を提供している。商品の説明を考慮することで、検索機能の精度は向上している。

AIが価格を決定

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...