「拡張分析」とは? セルフサービス分析を変える新たな技術「セルフサービス分析」市場は今【前編】

全社的なデータ分析の浸透に重要な役割を果たす「セルフサービス分析」は、着実に進化している。最近の注目技術である「拡張分析」は、セルフサービス分析にどのような影響をもたらすのか。専門家に聞いた。

2020年11月10日 05時00分 公開
[Lisa MorganTechTarget]

 「セルフサービス分析」は、現代企業のニーズを満たすべく進化している。静的レポートを実行したり、単にデータを視覚化したりするだけではない。エンドユーザーが自然言語で検索できるようにするなど、データ操作を一段と容易にした。そうして生成される結果は、ナレーション付きのデータ視覚化という形を取り、文字通り自らについて語る。セルフサービス分析市場の現在の概要と、あらゆる企業がこの市場に関心を持つべき理由を解説する。

 セルフサービス分析は「市民データサイエンティスト」とも呼ばれるパワーユーザーと関係がある。セルフサービス分析の概念は、2005年ごろに「セルフサービスレポート」と共に登場した。そのきっかけは、事業部門がIT部門からカスタムレポートを受け取るのを待ちくたびれたのが理由だった。逆にIT部門にとってもセルフサービス分析の実現は、一度限りのレポートを生成するよりもやりがいのある作業だった。

 さまざまな組織が相変わらず定期レポートを必要としている。一方でビジネスのペースが加速しているため、より迅速かつタイムリーに重要な情報にアクセスできる対話型のダッシュボードが求められている。セルフサービスレポートと同様、セルフサービス分析ではエンドユーザーが疑問点への答えを独力で見つけることができる。

「拡張分析」がセルフサービス分析を変える

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...