Microsoft純正パッチ管理「MECM」「WSUS」の基礎 他社製との違いは?「Windows」の主要パッチ管理ツール【第1回】

Microsoftは「Windows」のパッチ管理ツールとして「MECM」(旧SCCM)や「WSUS」を提供している。両者はどのような機能を持つのだろうか。サードパーティー製ツールとの違いと併せて紹介する。

2020年12月23日 05時00分 公開
[R.H. SheldonTechTarget]

関連キーワード

Windows | パッチ


 サーバOS「Windows Server」を含む「Windows」シリーズのパッチ(更新プログラム)管理には、一般的にMicrosoftの構成管理ツール「Microsoft Endpoint Configuration Manager」(MECM、旧「System Center Configuration Manager」)や更新管理ツール「Windows Server Update Services」(WSUS)などの管理ツールを利用する。いずれも同社が公式に提供するWindows管理ツールとして広く利用されている。Windowsを利用する組織には適した選択肢だ。

MECMとWSUSの基礎知識

 EMM(エンタープライズモビリティ管理)ツール「Microsoft Intune」などの管理ツールと共に、MECMはUEM(統合エンドポイント管理)ツール群「Microsoft Endpoint Manager」の中に組み込まれている。MECMのパッチ管理機能は、パッチの一元的な確認と適用を実現する。

 MECMはWindowsの更新機能「Windows Update」の手動または自動による実行に加え、パッチ適用のタイミングや方法の管理機能を搭載する。こうした作業以外の管理機能も搭載していて、管理者はMECMだけでWindows管理に関するさまざまな作業を実施できる。

 WSUSは、Windows Serverが標準で提供するパッチの管理/配信用機能であり、MECMがなくても利用できる。MECMと同様に、WSUSはWindows搭載端末にソフトウェアのパッチを適用するためのツールだ。

MECMやWSUSの代替を検討する理由

 さまざまな組織が、Windowsのパッチ適用にMECMやWSUSを使っている。ただし両製品とも機能的に限界がある。例えばMECMはWindows以外のOSやMicrosoft製以外のアプリケーションを管理する機能が限られる。加えてWindows Serverにインストールしなければならない。「MECMは高額で過度に複雑だ」と考えるIT管理者もいる。

 MECMと同様に、WSUSの利用にはWindows Serverのインストールが必要で、Windows Serverのライセンス料金がかかる。WSUSには「非効率的で扱いにくく、不具合が目立つ」「初歩的な自動化機能しかない」「レポート機能が限られる」といった評価もある。

 サードパーティー製のパッチ管理ツールは一般的に、WSUSやMECMの機能を拡張したり、パッチ管理用に別のツールを使ったりすることで、WSUSやMECMにはない機能を実現する。パッチ適用業務の合理化と簡素化を支援しつつ、より広範囲のパッチ適用を可能にする。ただしサードパーティー製のパッチ管理ツールはどれも同じというわけではない。


 第2回以降は、Windowsやそのアプリケーションの更新に利用できる主なパッチ管理ツールを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。