2020年12月22日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「cookieによるトラッキング」の基礎 なぜ制限されるのか?ポストcookie時代のマーケティング戦略【前編】

サードパーティーcookieなしで顧客を追跡するのは心もとない――。そう考える企業は、サードパーティーcookieに代わる選択肢を考えなければならない。

[Demetra Edwards,TechTarget]

 Googleは2022年までに、同社のWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーcookie(訪問先Webサイトとは異なるドメインに関連付けられたcookie)の利用を段階的に廃止する計画だ。企業は広告をパーソナライズするために、大量の顧客情報を収集する必要がある。その手段としてサードパーティーcookieを活用してきた企業は、他のデータ収集方法の検討を始めるべき時期に来ている。

 サードパーティーcookieはマーケターに、Webサイト訪問者についてのより良い洞察を提供する。サードパーティーcookieが収集する広告用のデータに大きく依存している企業は少なくない。だが、こうした企業はマーケティング、営業、Eコマース(電子商取引)、商品開発の各チームを動員し、ポストcookie時代のマーケティング戦略を担うトラッキング手段を考える必要がある。

プライバシーや透明性に重大な懸念

 cookieは、ユーザーが特定のWebページを訪問したときに、WebサイトがPCやスマートフォン、タブレットなどユーザーのデバイスに保存する小さなファイルだ。このファイルは、あるWebサイトから別のWebサイトに情報を運ぶ役割を果たす。cookieの目的は、ユーザー名やパスワード、氏名、住所などの情報をプログラム間でやりとりできるようにすることにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...