2021年05月13日 05時00分 公開
ニュース

Acerへのランサムウェア攻撃をダークWebで暴露 “身代金5000万ドル”は本当かTechTarget発 世界のITニュース

台湾のPCベンダーAcerがランサムウェアに感染した疑いがある。同社は「異常な状況を観察し、関連する法執行機関に報告した」ことを認めた。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)のハッカー集団REvil(別名Sodinokibi)は、台湾のPCベンダーAcerに対するサイバー攻撃の証拠をダークWebで公開した。

 REvilはダークWebのサイト「HappyBlog」の2021年3月18日付の投稿で、Acerへのサイバー攻撃に触れた。米TechTargetの情報セキュリティ取材班はこの投稿を独自に閲覧し、Acerのものとみられる膨大な財務情報が含まれていることを確認した。

 ただしREvilの攻撃によってAcerのITシステムがランサムウェアに感染したのか、機密情報が盗まれただけなのかは投稿からは明確にならなかった。

Acerが認めた事実と、“身代金5000万ドル”の根拠

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...