2021年05月13日 05時00分 公開
ニュース

Acerへのランサムウェア攻撃をダークWebで暴露 “身代金5000万ドル”は本当かTechTarget発 世界のITニュース

台湾のPCベンダーAcerがランサムウェアに感染した疑いがある。同社は「異常な状況を観察し、関連する法執行機関に報告した」ことを認めた。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)のハッカー集団REvil(別名Sodinokibi)は、台湾のPCベンダーAcerに対するサイバー攻撃の証拠をダークWebで公開した。

 REvilはダークWebのサイト「HappyBlog」の2021年3月18日付の投稿で、Acerへのサイバー攻撃に触れた。米TechTargetの情報セキュリティ取材班はこの投稿を独自に閲覧し、Acerのものとみられる膨大な財務情報が含まれていることを確認した。

 ただしREvilの攻撃によってAcerのITシステムがランサムウェアに感染したのか、機密情報が盗まれただけなのかは投稿からは明確にならなかった。

Acerが認めた事実と、“身代金5000万ドル”の根拠

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...