2021年05月11日 05時00分 公開
特集/連載

JavaのAPI流用は合法――「Java著作権訴訟」でGoogleがOracleに勝訴の影響は?「API」に著作権はあるのか【前編】

「Java」のAPIに関する著作権を巡る米最高裁判所での訴訟で、GoogleがOracleに勝訴した。その要因とは何か。今回の結果がJavaに与える影響とは。専門家の意見から探る。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

 GoogleがOracleと争っていた著作権訴訟で、米最高裁判所がGoogleに勝訴の判決を言い渡した。Oracleは2010年にGoogleを相手に訴訟を起こした。プログラミング言語および開発環境「Java」のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)に関するソースコード1万1500行以上をGoogleが引用したことにより、Javaを管理するOracleの著作権を侵害したというのが、訴えの骨子だ。このAPIはSun Microsystemsが開発したもので、Oracleは2010年に同社を買収した。問題のソースコードは「Android」の開発に使われていた。

 米最高裁判所は、Oracleの訴えを認めた地方裁判所と高等裁判所の判決を覆し、GoogleによるJavaのAPIソースコードの利用は、著作権法が定める「公正な利用」に該当すると判断した。この判決について、情報サービス会社Informaで技術関連調査を手掛けるOmdiaのアナリスト、ブラッド・シミン氏は「Androidが実行したプログラムのソースコードがJavaのAPIの一部だったという事実に尽きる」と言う。

 APIは「インタフェース」、すなわちJavaの著作権で保護されるプログラムにアクセスする機能的手段にすぎない。この事実に基づき、最高裁は「コピーされたソースコードは著作権の保護対象とはならない」という見解を示した。

JavaのAPIソースコード流用は合法――判決の影響は

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news169.jpg

「インターネット広告は目障り」が75.5%――リチカ調査
企業が広告を配信するときにはターゲットの興味関心に合わせつつ、「広告も情報メディア...